旅日記★2003年2月 バンコク(タイ)    >>戻

1・

2月14日(金) 1日目。

飛行機が朝早い便なので、早朝に起こされる。
パッキングもまだ終わってないのでばたばたと支度。
今日はバレンタインデーなので、買っておいたチョコケーキをふたりで食べる。
チョコケーキはあんまり好きじゃないけどトップスのケーキは別。
濃ゆい。でも美味しい。

航空会社は『ビーマン・バングラディシュ航空』。
初めて聞く名前。もちろん乗るのも初めて。
空港は思ったより混んでた。朝早いのに。
荷物を預けるため並んでいると、前にいたニュージーランド人に話しかけられる。
「私たちは日本人です。これからタイに行きます」と話す。
ニュージーランド人はバリやってさ。バリもええなあ。
窓口で航空券をもらう。
今回の旅は個人旅行なのでリコンファームが必要。
ここでリコンファームはできませんか?と聞くも断られる。
英語が話せないので現地でのリコンファームは無理です、とくいさがったら、
窓口のお姉さんが英語の文章を考えてメモってくれた。
「 Reconfirm please. Two person. Fright NO is BG072...」という感じ。
なるほど、これならアイでも言えそう!ありがとう、お姉さん、とメモを頂く。

成田の免税店で日焼け止め(持ってくるの忘れた)を購入。
いつも使ってるアベンヌのは国産メーカーなので5%とかしか安くならない。
外国産、外国産、とさがして、クラランスでゲット。

機内は3分の2が日本人、残りがバングラディシュ人、といった割合。
ビーマン・バングラディシュ航空の第一印象は…狭い!
座席の広さが、JALとかANAとかの7割くらいしかない。
さすがはバングラディシュ、人口密度世界NO.1の国!!
スッチーは恰幅のいいおばちゃんで、怖い。
いらん、って言っても無理やり変なコーラ的飲物を渡される。
コカ・コーラでもペプシでもないコーラ的飲物。ぬるい。不味い。
一緒に配られたケーキは普通の味やったらしい。アイは食べなかったけど。

ケーキとコーラ的飲物 見た目は可愛い>コーラ的飲物

コーラ的飲物が飲めない(アイは炭酸苦手)ので水をもらう。
…水道水が来た。飲めない…飲めないです。
隣の座席の人はビールをもらっていた。
アイもお酒が飲めればなあ、と思って見てたら、隣の人がビールを飲み始めてから
スッチーが「200円デス」とお金を請求しにきてた。
機内って、普通ただじゃないの?しかも円?!と思って見てたら、
「200円、モッテナイデスカ?!」と強気でせかされ結局、円を払わされていた。
ここのスッチーはまじで迫力があるので逆らえない。
この後、アイはスニーカーの上にコーラ的飲料をこぼされたけど、このスッチーに
「ソーリー」とそっけなく言われ泣き寝入り。怖いんやもん、ほんまに。

飲めるものがないので大変のどが渇く。
お腹も空く。
じっと辛抱してたら、3時間後くらいに機内食が出た。
全く期待してなかったけど…美味しいやん。
そして機内食には何と!コカコーラが!!
炭酸苦手やけど、飲む。
メニューはアイが天丼、そうけんがカレー。
2種類あったけど、勿論選べません。
スッチーが、無理矢理振り分けていく。
でもどっちも美味しかった♪

天丼 天丼。味付けは濃い目。

カレー カレー。こっちのが美味しかった。

ちょっぴりビーマンを見直していたら、食後には紅茶が!!
やったね!と思いきや。

紅茶 コーヒーちゃいます。

黒いです。なんでこんな黒いの?
味は、今までに飲んだどの紅茶よりも苦かった…。
そうけんは残してたけど、アイは根性で飲みました。
それくらいのどが乾いてた。

夕方頃、無事ドン・ムアン空港に着く。
タクシーでバンコク市内に行こうとしたら、すごい列。
何故か日本人はいなくて、欧米人のバックパッカーや中年夫婦がいっぱい並んでる。
仕方がないので並ぶ。
日本人は皆ツアーで来るから、送迎がついてるのかなあ?
1時間くらい待って、タクシーで一路バンコクへ。
途中、窓から「SOKEN」と書いたビルを見つける。

いかす。 暗いのでよく見えないけど…

途中から渋滞にまきこまれ、ホテルに着いたのはけっこう遅くなった。
しかも、不注意で降りるときにメーターをチェックし忘れ、350B取られた。
あきらかに50Bはぼられている。
いい感じのおっちゃんやったのに。タイおそるべし。

ホテルはアジアホテル@ラチャテウィー駅。
BTS(スカイトレイン)の駅に直結しているので大変便利。安いし。
客室と水まわりはこんなかんじ。

客室    トイレ

BTSが見える。 窓からの眺め。タウンビュー。

荷物をおいて、さっそくBTSに乗り、サイアム駅(タイの渋谷)へ!
週末なので若者でいっぱい。
まずはごはん。タイスキです。
タイにはファミレスみたいなタイスキチェーンがいくつかあって、
MK、コカ、カントン、の三種類が御三家とされております。
初日は最も店舗数の多い、MKへ。
けっこう並んでたけど、回転が速いのか、わりとすぐ入れた。
初めてのタイスキで、あんまり良くわからなかったのでウエイトレスのお姉さんに色々聞く。
注文は、具を一種類ずつ選んでいくスタイル。
ええと、白菜、マッシュルーム、とうふ、豚肉、つみれ。
ウエイトレス姉さんが「これも頼め」というのでエビワンタン、白身魚を追加。
さらにサイドオーダーで、緑色の麺と、アヒルの照り焼き(このふたつもお姉さんセレクト)。

まずはみどり麺が。鍋に入れて食べるんやと思ってたら、これはみどり麺単品で食べるんやって。
タイスキのタレをかけて、まぜて食べるそうです。

タレ MKのタレは、よそにくらべて甘めで◎。

みどり麺 みどり麺。タレがかかった状態。

このみどり麺がめっちゃ美味い。 なんかジャンクな味。
食べてる間にどんどん具が運ばれてくる。
具の種類に関係なくいっぺんに全部の具を入れて煮立てるのがタイスタイル。

タイスキ はっきり言ってかなり美味いです。

アヒルは、普通の鶏肉よりこってりした感じ。
八角のきいた、豚の角煮みたいな味です。

あひるさん アヒルの照り焼き。

帰りしな、サイアム駅前に並んだ露店でアディダス(にせもの)のキャミを買う。
がんばって値切ったけど130B以下にはならなかった。
でもかわいいのでOK。

>>2日目へ