★キックボクシングとは

◆イメージ
 ふつうのボクシング(国際式)とは違って、パンチのほかに
 蹴り(ミドルキック、ローキック、ハイキック、膝蹴りなど) がある格闘技です。
 もともとはタイのムエタイを競技化して持ってきたもので、発祥は日本。
 大体はK−1をイメージしてもらってOKですが、
 K−1との大きな違いは首相撲とヒジによる攻撃が認められている点。
 首相撲というのは、相手の首を取って相手を崩したり膝を入れたりする、
 ムエタイ特有の技。
 肘を使って相手の額や目の周りを切るのもキックでは重要な技のひとつです。

◆階級
 格闘技では、特に打撃系では、数キロ体重差があるだけでかなり強さが変わってくるので、
 階級制を採用しているものがほとんどです。
 キックボクシングももちろん階級制。

 階級は軽い順に
フライ級 112ポンド(50.80kg以下)
バンタム級 118ポンド(53.52kg以下)
フェザー級 126ポンド(57.15kg以下)
ライト級 135ポンド(61.23kg以下)
ウエルター級  147ポンド(66.68kg以下)
ミドル級 160ポンド(72.57kg以下)
ヘビー級 それ以上
 があります。

 団体によってはスーパー階級があるところもあります。
 例 : スーバーフェザー(フェザー級とライト級の間)など。
 また、ミドル級とヘビー級の間にライトヘビー級・クルーザー級なども(国際式)。
 女子の場合もっと軽いライトフライ(Jr.フライ)があったりもします。
 さらに両者の合意のもとで、契約体重で試合をすることもよくあります。
 例えば、55kg契約でバンタムの選手とフェザーの選手が試合をするような場合です。

 K−1GPで活躍しているアーネスト・ホーストやレイ・セフォー、武蔵などは
 みんなヘビー級。(←めっちゃ重い)
 K−1MAXの魔裟斗やアルバート・クラウスなどは
 ウェルター〜ミドル級くらい。(←結構重い)
 日本でいちばん層が厚いのは(体格的に言って)ライト級。
 だからライト級前後の試合がいちばん面白いと思います。
 ちなみにそうけんはバンタム級。軽いなあ。

◆ルール
 試合によって少し変わります。
 例えば全日本キックボクシング連盟の試合だと、基本は↓

  基本ルール(抜粋)
  パンチ、キック、ヒザ、ヒジの4つの攻撃によって争われる。
  1ラウンド3分間ファイト、インターバルは1分間。
  頭突き、投げ、関節技、下腹部への攻撃、倒れた相手への攻撃は禁止。

 反則があると、注意・減点となります。
 相手にダウンを奪われ10カウントの間に立ち上がって
 ファイティングポーズを取れないとKO負け。
 さらにひとつのラウンドで3度のダウンを取られると自動的にKO負け。
 (3ノックダウン制)
 全ラウンドが終わった時点でジャッジ3名の採点により、判定。
 3名中2名以上の優勢を獲得すると判定勝ちとなります。
 判定方法はジャッジによってけっこうばらつきがあります。
 重視するポイントが、パンチ、キック、手数、ダメージ、積極性など
 人によって色々です。
 キックでは、ダメージ重視のジャッジが基本だと思います

 あと、団体によっても多少、判定方法に差があるようです。



★観戦してみよう

 ◆興行
 興行は毎月どこかしらがやっているので、思い立ったらわりといつでも見られます。
 はじめてみるなら全日本がいいと思います。ほぼ毎月やってるし。

  ◆団体
 キックボクシング界にはたくさんの団体が乱立しています。
 昔はひとつの大きな団体やったんやけど、
 分裂、統合をくりかえして現在に至ります。
 昔はキックもわりにメジャーやったんやって。
 ゴールデンタイムにTV放映とかされてたらしい。
 いいなあ。

 おもな団体としては、
 ・新日本キックボクシング協会
   キック界最大手。よその団体と交流しないのが残念〜。
   最近は勢いがないみたい。やっぱ交流してなんぼよね!
 ・全日本キックボクシング連盟
   新日本と並ぶ、大きな興行団体
   マッチメイクがいつも華やかで人気。アイボンのイチオシ。
 ・NJKF
   本気のタイ人を呼ぶ団体。打倒ムエタイ路線の雄。
   若い選手に有望株が多い。
 ・MAキック
   古き良きキックの雰囲気が残っています。こわそうな人がいっぱい観戦してるけど、なれれば大丈夫です。
   ラウンドガールのレベルはピカイチ。
 ・シュートボクシング
   キックボクシングの打撃に加えて、投げ・極め(立ち関節のみ)も有効打になる。
   でもキックと思って見てもだいじょうぶ! 独特のロングスパッツもなれれば平気になります。
 ・J−NETWORK
   小さな団体だけど、最近門開放宣言をし、キック界統一の最初の一歩となるのかもしれません。
   フリーのジムとも積極的に交流。他では見られないような試合が組まれることもありあなどれない。
 ・R.I.S.E.
   団体の枠にとらわれない興行を目指す、新興勢力。
   ルールはK−1に近い。R.I.S.E.のトーナメント優勝は、実質K-1への登竜門になっている。
   演出力が突出しており、若い人が一番観にいきやすい雰囲気かも。
  など。

 ◆会場

 興行が行われるのは、後楽園ホール・ディファ有明など。
 他にも新宿FACE・大森ゴールドジムなど
 興行の規模にあわせてあちこちで行われます。
 でもやっぱ格闘技の殿堂・後楽園ホールが一番!

 TV観戦もできます。地上波では見られないけど。
 GAORA、J-SPORTS・サムライTVで見られます。
 TVやビデオでの観戦は実況や解説がつくので
 ある意味初心者にはわかりやすいのかもしれません。
 あと、KOシーンをスローで見たりもできるしね。
 でも、会場で実際に見るのが一番面白いけど。

 ◆チケット

 チケットはA席でだいたい4000〜5000円くらい。
 S席が7000円くらいで、RS席が10000円〜くらい。
 会場が小さいことが多いので、後ろの方の席でも臨場感はばっちり。

 購入は各団体の窓口、後楽園ホールや所属ジムで。
 全日本キックならネットでも買えます。
 チケットぴあでも買えます。
 でも一番いいのは選手から買うこと。
 選手はチケットの売り上げがそのままファイトマネーになる場合が多いので、
 知り合いに選手がいるなら、迷わず選手から。
 また、当日券もあります(1000円増しくらい)。
 人気のカードがあると入れなかったりすることも。

 ◆観戦中
 お気に入りの選手には声をだして応援しましょう。
 何て言っていいかわからない人は、選手の名前を叫ぶのが基本です。
  例 『ゆうやーー!!』
 選手の入場時にも声援を送りましょう。
 お気に入りの選手には紙テープ(最近は禁止されていることもあり)を投げるのもあり。楽しいです。
 かわいい女子限定らしい(?)ですが、選手紹介のときに花束をあげることもできます。
 女性に人気のある選手の出る試合では、花束の列ができたりもします。

 会場ではたいてい飲み物やお菓子を売っているので
 飲み食いしながら観戦してても大丈夫です。
 いい試合だと、夢中になってお菓子どころじゃないけど。

 どの選手を応援していいのかもわからない!というときにはパンフレットを見てみるのもあり。
 会場で1000円くらいで売ってます。
 顔で選ぶもよし(格好いい選手は大体人気があります)、
 戦績で選ぶもよし(強い選手は大体人気があります)、
 所属ジムで選ぶもよし(名門ジムの場合はセコンドも豪華だったりします)。
 やはりメインをかざるような選手はたいてい面白い試合を見せてくれますが、
 前座のフレッシュマンファイトで新人の有望選手を発掘するのもまた楽しいです。



★やってみよう

 ◆入門
 未経験でも全然問題なし。
 もちろん何かスポーツの経験があったほうが有利ですが、
 単に趣味としてはじめるなら、年齢・性別に関係なく楽しめるはず。
 プロを目指したい、試合に出たいとなるとまた別だけど。
 女子は最初は「運動不足解消」「痩せたい」などの理由で始める人が多いようですが、
 皆そのうち「強さ」を求めるようになるのが面白いところ。

 プロになりたい場合は、団体選びも重要かも知れませんが、
 そうでないなら団体等にも特にこだわることはないと思います。
 各ジムによって雰囲気や設備、月謝も全然ちがうので、
 まずは見学や体験に行くことをおすすめします。
 わたし的には、家の近くにジムがあることがジム通いが続いている理由のひとつだと思うので、
 通いやすい場所かどうかも大事。

 ◆練習
 キックボクサーのやる練習メニューの主なものとしては、
 ロードワーク、ロープ、シャドー、バッグ、ミット、受け返し、スパーリング、首相撲
 などがあります。

 そのほかに、筋トレや補強のトレーニングなどなど。
 キックはラウンド制なので、それに合わせて3分ごとにインターバルをとってやることが多いです。

 ・ロードワーク
   最近はあんまり走ってません…。
   試合前とかに家の周りをトテトテ走ったりする程度。
 ・ロープ
   基本はヘビーロープと呼ばれる重くて太いロープをとびます。
   わたしはなわとびが苦手なので、普通のロープで5分間だけとびます。体があたたまります。
 ・シャドー
   鏡を見てフォームを確認しながらやったり、相手をイメージしてやったりします。
   これが一番大切な練習だと言う人もいます。わたしは防御中心で3Rくらい。
 ・サンドバッグ
   一人で練習するときの定番。
   重くて蹴ったり殴ったりするのが大変なのでわたしはあまりすきじゃない。。。
   パンチ2R、キック2R、パンチとキックで2Rの計6Rくらいしかやりません。だめです。
 ・ミット
   一発一発思いっきり打ったり、コンビネーションの練習をしたり、
   スタミナをつけるために追い込んでもらったり、他にもいろいろなやり方があります。
   人に持ってもらうので、だめなところを注意してもらえるし、
   持ち手との距離感を意識しながら打つので、すごくいい練習になります。
 ・受け返し
   攻撃・防御をパターンを決めてやる練習です。
   フリーの受け返し=マススパ。
 ・マススパー
   軽いスパーリングのこと。
   相手がいると、自分の思ったように動けないことを思い知らされます。
 ・ガチスパー
   試合と同じように本気でやるスパーリング。
   危ないので普段はしません。試合前とか、必要な人が必要なときだけ。
   人によってはマスのはずなのにガチっぽい人も・・・。
 ・首相撲
   首の取り合い、崩し合い、膝の入れ合いの練習。
   相手の重心を読んで、力に頼らずにできるようになるのが目標。

 具体的な練習の感じは 『アイのジム日記』 に綴ってあります。

 ◆練習道具
 ジムによって、何を自分で用意しないといけないかは違ってくると思います。
 わたしの通うジムでは、基本的に身に付けるものは自分で用意します。

 ・パンチンググローブ
   ミットやバッグを打つのに使う、小さなグローブです。
   3000円前後で買えます。
 ・大きなグローブ
   実際に人を殴るときに使うグローブ。
   アイのジムでは16ozを使っています。
   別に16ozでミット打ってもいいんですけどね。
   値段もけっこう高め。
 ・スネあて
   生足どうしが当たると、想像以上に痛いです。
   生足で本気で蹴るプロ選手が信じられません。
   ヒザあてもあったほうがよいです。
 ・バンテージ
   拳や手首は痛めやすいので、テーピングと併用すると尚よし。
   バンテージを巻かないなら、軍手をはめた上でグローブをつけます。
   手の保護にはならないけど、汗を吸うのでグローブが臭くなるのを防げます。
 ・サポーター
   足首のサポーターは、ぐねりやすいアイの必須アイテム。
   走るときにも愛用。片足だけつけるのがタイ人ぽくておしゃれです。
 ・マウスピース
   口に入れるあれです。
 ・ファールカップ
   男の人はね。最近は女子用もあるみたい。

 ◆試合に出たい
 練習しているうちに、試合に出たくなってくるものです。

 アマチュアの試合で代表的なのは
 新空手 や  R.I.S.E. とかでしょうか。
 他にもグローブ空手の大会やジム主催のアマキック大会などもあります。
 ジムで『試合に出たい』って言えばなんとかしてくれると思います。
 J−NETWORKが主催するアマキック大会、 J−FIGHT もおすすめです。
 

 ◆プロになりたい
 そんなことはわたしにはわからないので、ジムでプロの人や会長にたずねましょう。がんばってください!!!